INFORMATION

NEWS

イ・スンギ、韓流フェスでフランスを魅了!

 

【この記事のポイントは?】

◆イ・スンギがフランスで行われた韓流文化フェスティバルでファンを魅了した

◆ステージではバラードからアップテンポな楽曲まで多彩な魅力を披露した

◆一方イ・スンギは今年デビュー20周年記念アルバムを企画中で、映画の公開も控えている

 

 

[韓国エンタメニュース]

 

イ・スンギがフランスで開催されたフェスティバルでヨーロッパの観客を魅了した。

 

イ・スンギは去る20日、フランスのリールで開催された『Dans Le Cadre du Festival 123 Seollal』に招待された。『Dans Le Cadre du Festival 123 Seollal』はフランスで開かれる韓流文化フェスティバルで、イ・スンギはメインイベントとして単独コンサートを行い、約5000人の観客を虜にした。

 

この日、イ・スンギは「忘れないで、覚えて、遅れないで」でオープニングを飾り、現地観客の熱烈な歓声を引き出した。続いて「少年、道を歩く」「Return」「平凡な男 」「削除」を通じてKバラード皇帝の姿を披露する一方、「花のように」「どうかしてたみたい」「Smile boy」を通じてパワフルな歌唱力と多彩な魅力を披露した。

 

イ・スンギはステージの合間に観客と交流し、センスあふれるステージマナーを披露して会場を盛り上げた。観客たちは手を振ったり、韓国語の歌詞を真似して歌うなど、熱い反応を見せた。最後の曲はメガヒット曲「俺の女だから」を披露し、魅力的なステージを完成させた。

 

約1時間、上質なライブを披露したイ・スンギは、並外れた感性と歌唱力でヨーロッパの観客を熱狂させた。

 

一方イ・スンギは今年デビュー20周年を記念するアルバムを企画中で、映画『大家族』の公開を控えている。

 

 

写真提供:HUMAN MADE

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI