INFORMATION

NEWS

放送終了D‐1!イ・スンギ×イ・セヨン、プロポーズ結果は!?

[韓国エンタメニュース]

 

放送終了まで残り2話となったKBS2TV月火ドラマ『法に則って愛せ』が俳優たちの最強シナジーを予告した。

 

本日(24日)『法に則って愛せ』側は、15話と16話の放送を控えて最終視聴ポイントを公開した。

 

#キム・ジョンホ(イ・スンギ)とキム・ユリ(イ・セヨン)のプロポーズ結果

14話ではキム・ジョンホがキム・ユリにプロポーズするエンディングが描かれ話題を集めた。キム・ジョンホが「千回聞いても俺の答えは同じだった」と告白と同時に指輪を差し出し、これを見たキム・ユリが驚き注目を集めた状況。さらにキム・ジョンホに内緒でお見合いの席を設けたイ会長(チョン・グクファンン)が「あの弁護士はダメだ」と反対した中、2人が花道を歩けるのか、またはプロポーズをきっかけに再び危機を迎えることになるのか注目が集まる。

 

#イ・ピョヌン(チョ・ハンチョル)の反撃

イ・ピョヌンの反撃も重要なポイントだ。イ会長の婚外子であるイ・ピョヌンはイ会長に認められるために不正と悪行をためらわなかったが、その度に認められず怒りを見せた。これによって、イ会長を追い出してドハングループを手に入れようとしたイ・ピョヌンは、これされもキム・ジョンホとキム・ユリによって失敗し挫折した。さらにイ・ピョヌンはイ会長が直接チェ議員に自分の犯罪証拠を渡したことを知り、殺伐とした顔を見せて危機感を高めている。

 

#ロー(Law)カフェの未来

“ローカフェ”の未来も今作を最後まで見守らねばならない核心要素だと言える。ローカフェとウナビルの人々は幻想的な呼吸を誇って依頼人の事件を一緒に解決している状況だ。9話でコイン詐欺師を相手にしたハウス大作戦や13話の企画力が目立ったチェ議員の音声暴露などは、痛快さと笑いを与えた。しかし依頼規模が大きくなるほど、ローカフェとウナビルの人々の安全も保障されないという点で緊張感が高まっている。果たして“ローカフェ”の弁護士キム・ジョンホとキム・ユリは引き続きローカフェとウナビルの人々と力を合わせて依頼人の事件を解決できるのか期待が集まる。

 

制作陣は「残りの2話ではトキメキと強烈さ、ヒーリングまで全部入っている感情の総合ギフトセットが繰り広げられる」とし「俳優たちの最強シナジーが爆発する予定なので多くの期待をお願いする」と伝えた。

 

一方『法に則って愛せ』は、韓国にて明日(25日)に最終回を迎える。

 

 

写真提供:KBS2TV

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI