INFORMATION

NEWS

イ・スンギ、片思い演技が好評!胸キュン告白語録3

 

 

 

[韓国エンタメニュース]

 

俳優イ・スンギがKBS2TV月火ドラマ『法に則って愛せ』で純情男キム・ジョンホを演じ、好評を得ている。

 

イ・スンギは今作で個性的な消化力と繊細な表現力を誇り、片思い演技の“新しいバイブル”を披露した。特にキム・ジョンホは父親の告発事件後、キム・ユリ(イ・セヨン)から離れないことを誓い、隠してきた17年間の気持ちを一つずつ表現している。キム・ジョンホを柔軟に描き出して好評を得ている“イ・スンギ流の告白語録集”を整理してみた。

 

◆イ・スンギ流告白語録集1 “資格のない俺がお前を愛してごめん”

自分がキム・ユリの家と悪縁のあるドハングループの孫であることを明らかにしたキム・ジョンホは、その後イ・ピョンウン(チョ・ハンチョル)がキム・ユリのカフェを襲撃すると、これを防げなかったことに対して謝罪した。しかしキム・ユリは冷たくキム・ジョンホを避け、キム・ジョンホはキム・ユリを捕まえて「お前が知らないことがある」、「俺がお前を愛しているということ」とストレートに自分の心を表現した。

そして彼は「資格もない俺が…お前を愛してごめん」と切なく許しを請いた。イ・スンギはキム・ジョンホが持つ少年美を最大に引き上げ、落ち着いた口調とディクションの強弱で率直な感情を表わし感情移入を誘った。

 

◆イ・スンギ流告白語録集2 “俺がつらいからだよ”

イ・ピョンウンのけしかけで謎の車にはねられて入院したキム・ユリのもとを訪れたキム・ジョンホは、ただキム・ユリの安否だけを心配した。

イ・スンギはキム・ユリを発見した瞬間から自分のせいでもっと怪我をするのではないかと不安なキム・ジョンホの心理を盛り込むために開いた瞳孔と周辺を探る眼差し、次第に速くなる話し方と憤怒した声、アクセントを加えたディクションで激しくなる感情を描き出した。

さらにキム・ユリが大丈夫だと言っても手放せないキム・ジョンホの心を完全に消化しようとしたイ・スンギは、そっと投げかけるような力を抜いた声で「俺がつらいからだよ」という台詞を切なく吐き出し、憂愁に満ちた感情を表現した。

 

◆イ・スンギ流告白語録集3 “俺も全力を尽くして我慢してるんだよ”

甘いシーンでもキム・ジョンホは格別な告白法で特別さを作り出した。酒に酔ったキム・ユリを送って行ったキム・ジョンホは、酔っていないというキム・ユリによってソファーに押されて座った。

妙な姿勢になっても落ち着きを維持したキム・ジョンホは「私が酔ったからって誘惑しないでよ」というキム・ユリに笑みを浮かべ、結局キスをしようとするキム・ユリに「俺も今、全力を尽くして我慢してるんだよ」というセンスのある台詞を投げ、キム・ユリが自分を許して受け入れる日を待っていることを明らかにした。

 

所属事務所は「イ・スンギは台詞の語尾のニュアンスまで探るディテールさに真心を込める俳優」とし「毎話明確に現れるキム・ジョンホの本心を表現するために努力しているイ・スンギを応援してほしい」と伝えた。

 

一方『法に則って愛せ』は、韓国にて毎週月火夜9時50分より好評放送中だ。

 

 

写真出処:『法に則って愛せ』放送画面キャプチャー

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI