INFORMATION

NEWS

イ・スンギ、久しぶりのロマコメに期待!

 

[韓国エンタメニュース]

 

イ・スンギが元検事の浮かれ者の建物主キム・ジョンホに変身する。

 

KBS2TV新月火ドラマ『法に則って愛せ』は元検事の建物主キム・ジョンホと、四次元弁護士の借家人キム・ユラのロー(Law)マンスドラマで、同名の人気ウェブ小説を原作とする。

 

何よりも『法に則って愛せ』は、イ・スンギの久しぶりのロマンチックコメディ作品として注目を集めている。

 

そんな中、本日(26日)イ・スンギが大人気なさと完璧さを行き来するキム・ジョンホに完璧になりきった初シーンが公開された。特にキム・ジョンホになりきったイ・スンギは、生活用品のアイテムゲットに本気で喜ぶ、大人気ないが可愛い魅力とジャージでも隠せない温かさを披露する。そして“キム・ジョンホ流のプールパーティ”を楽しむ余裕のある姿で笑いを誘い、イ・スンギが見せてくれるキム・ジョンホの活躍に対する期待を高める。

 

 

 

イ・スンギは今作に出演することになったきっかけについて「台本を読んで癒されたのは初めてでした」と伝え、台本の力を絶賛した。また自身が演じるキム・ジョンホについて「キム・ジョンホのMBTIは僕と同じENTJです」と明かした。続けて「合理的で効率的な話を主にするキム・ジョンホの台詞に共感出来たのも事実です」とキム・ジョンホに夢中になっていることを表した。

 

また「久しぶりに出会った平凡なキャラクターです」と感慨深さを表したイ・スンギは「撮影中にずっと着ているジャージのように気楽に演じています。視聴者の皆さんも今作の多様なエピソードを通じて僕が受けた心温まる癒しを受けられると確信を持っています。僕ももっと深い癒しと共感を伝えるために最善を尽くして演技に臨みます」と覚悟を明かした。

 

 

 

制作陣は「イ・スンギが今作を通じて“ロマコメの皇帝”の名を証明するだろう」とし「撮影中いつも“さすがイ・スンギ!”という言葉を実感している」と伝えた。

 

一方『法に則って愛せ』は、韓国にて8月29日より放送スタート予定だ。

 

 

写真提供:KBS

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI