INFORMATION

NEWS

『マウス』イ・スンギ、初の年齢制限ドラマに挑戦!

 

[韓国エンタメニュース]

 

俳優イ・スンギが初の19禁ドラマを披露する。

 

3日午前、tvN水木ドラマ『マウス』のオンライン制作発表会が行われた。この席にはチェ・ジュンペ監督をはじめ、イ・スンギ、イ・ヒジュン、パク・ジュヒョン、キョン・スジンが出席した。

 

この日イ・スンギは今作について「とても個性的な作品です。第1話の19禁指定を決定してくださったtvNに感謝します。ジャンル物でスリラーを証明するために残酷になる場合もありますが、今作の19禁指定編成は社会的メッセージのために必要でした」と語った。続けて「撮影をしながら“どんなにレベルを調節しても15禁指定編成だと今作を選んだ理由と異なる可能性がある”という話もしていました」と伝えた。

 

また「初めて19禁指定の作品をやることになりました。なので、僕のフィルモグラフィでも目を引く作品になると思います。これまでの僕のイメージとは異なるので、視聴者の方がどのようにご覧になるのか気になります」と期待感を示した。

 

(写真左から)イ・ヒジュン、パク・ジュヒョン、キョン・スジン、イ・スンギ

 

一方ドラマ『マウス』は、自他共に認める正しい青年で町の巡査であるチョン・バルム(イ・スンギ)と、幼い頃に殺人鬼に両親を殺され復讐に向けて走っていく無法刑事コ・ムチ(イ・ヒジュン)がサイコパスの中で上位1%と呼ばれる最も悪辣なプレデターと対峙し、運命が変わる姿を描く本格“人間ハンター追跡劇”だ。韓国にて毎週水木夜10時半より好評放送中。

 

 

写真提供:tvN

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI