INFORMATION

NEWS

『マウス』、第2幕を開く強烈なメインポスター公開!

 

[韓国エンタメニュース]

 

『マウス』イ・スンギとイ・ヒジュンが後半のストーリーに対する期待を高めるパート2メインポスターが公開された。

 

tvN水木ドラマ『マウス』がしっかりした叙事構造と圧倒的な映像美のシナジーを起こし、密度の高い推理スリラー物の魅力を披露し、ヒットを続けている。何よりも去る放送では、劇中チョン・バルム(イ・スンギ)がソン・ヨハン(クォン・ファウン)の脳移植を受けたという事実を知り、様々な幻聴と異常記憶に悩まされ、“ソン・ヨハンのように変わらないようにしてほしい”という切実な祈りにもかかわらず、結局衝動をコントロールできず殺人に目覚めるエンディングで衝撃を与えた。

 

これと関連し、さらに強烈な面白さを与える第2幕公開を控えて、180度変わった作品の雰囲気を盛り込んだ『マウス』のパート2メインポスターが視線を奪う。パート2メインポスターの中のイ・スンギは巡査服を脱ぎ捨て、黒いコートを着て髪を整えた、以前とは様変わりした姿で注目を集める。何よりも脳移植後、慣れない記憶に恐怖心や罪悪感など複雑な感情に悩まされるチョン・バルムではなく、背筋がぞっとするような冷たい眼差しをしたまま攻撃的に変貌した姿が不安さを倍増させている。イ・ヒジュンはそんなイ・スンギを当惑さと疑問、また決然とした意思が入り混じった眼差しで見つめている。2人のそれぞれ違うカリスマと鋭い緊張感の中での対峙が強いシナジー効果を発揮している。

 

このように『マウス』パート2メインポスターは、パート1メインポスターと同じ構図を使用したが、完全に相反する人物のイメージを盛り込むことで第1幕を揺るがす新しいストーリーの登場を効果的に伝えた。また2人の間で“僕は始める、新しい狩りを”という強烈なキャッチコピーが加えられ、果たしてチョン・バルムがソン・ヨハンの脳に浸食された後に現われる暗い欲望をどのように見せるのか、これをめぐる熾烈な死闘を予告して好奇心を高めている。

 

一方ドラマ『マウス』は、韓国にて毎週水木夜10時半より好評放送中。

 

 

写真提供:tvN

 

 

韓国エンタメ・トレンド情報サイト KOARI